» ダイエットの食事の工夫のブログ記事

ダイエットをしようと決意しても、なかなか運動できませんよね…。

そこで、思い浮かぶのは食事制限。

ですが、食事制限はやり方を間違えると逆に太ってしまったり、不健康になってしまったりします…。

無理に食事制限をすると筋肉量が落ち、基礎代謝が減り痩せにくくなり、さらに低血糖で体調不良、苛立ち、過食衝動などにみまわれます。

痩せるために重要なのは、バランスの良い食事なのです。

~食事スケジュール~

朝、しっかり食べる

朝のうちにお肉などガッツリとしたものを食べましょう。この時、野菜から食べることで油などの吸収を抑えられます。

昼、炭水化物を減らす

普段の食事より炭水化物の量を減らして、代わりにフルーツなどを食べましょう。初めにフルーツを食べ、野菜、その他という順番で食べましょう。

夜、21時以降は食べない

夜は、できれば食べない方がいいですが、お腹がすいてしまった場合飴や、ガムなどを食べると満足できたりします。

間食 一日200kcalに押せえれば食べても大丈夫です。

私はこの食事制限で1ヶ月で3㎏落ちました!
皆さんも試してみてください。

日頃ダイエットダイエットと口癖のように唱えていながら、一向にその結果が見られないこの頃。

やっぱり食事の質と量は一番大事なように思います。

テレビなどで見ていろんな情報を試してみていますが、血糖値の上昇や健康面でも、食べる順番を変えてのダイエットは結構続けられているように思います。

野菜から食べて汁物、タンパク質、最後に炭水化物。

この頃よく炭水化物を抜くダイエットを耳にしますが、最後に食べるようにすると、本当にお腹いっぱいになり少量でもよくなります。

そこはどうせなら抜いてしまえばいい、とも思うのですが、もともとご飯とか大好きなので、ちょっとでも食べたいが勝ってしまって、詰めの甘いところです。

それでも朝昼晩必ず、たぶん家族の中で一番大盛りのサラダを自分だけに用意し、生野菜で体が冷えてしまいそうな時は、味噌汁やスープに野菜を結構な量をぶち込みます。

その時はあまり煮込まないようにしてなるべく硬さを残してよく噛むことを忘れないようにします。

そんな、あまり苦労しない小さな事ですが、小さな結果を期待してこれからも続けて行こうと思います。

30後半から、プクプクと肥えてきた。

代謝能力が落ちているんでしょうね。
気がつくとポッチャリ系?

お昼ご飯を少なくしてみたり、
お酒を減らしてみたり、
少しだけど運動してみたり。

でも痩せないんですよね。

いろいろやってみて一番効果的だったのが、
寝るまでに空腹にするという方法。

でも家に帰って夕食作ってたら結構いい時間になっちゃいます。
そこで思い切って、退社時に食べちゃいます。

プロティンを豆乳に溶かして、シェイクしたり
春雨スープにしてみたり。

最近のローカロリーなインスタント食品も結構美味しいんです。
バリエーションも豊富だから飽きません。

退社時に夕食を食べ終えたら寝るまで我慢。
でも水分補給はして下さい。

遅くまで起きているとお腹が空いちゃうので早く寝ます。
翌朝には空腹になって目が覚めます。
気分もカラダもちょっとスッキリした感じで起きれます。

自分の場合は体重が増えたら戻るまで、こんな生活です。

痩せる方法が判れば、そんなに心配しなくても大丈夫です。

ダイエット中は甘い物や脂っこいものは厳禁ですが、我慢しすぎるとドカ食いしてリバウンドなんてことになりかねません。

だから、これなら食べて大丈夫というご褒美的なものを自分で用意しておくと安心です。

例えば、アーモンドやくるみなどのナッツ類は無塩ならOK、それから甘いものが欲しいときはプルーンなどのドライフルーツがおすすめです。

できるだけダイエット中の便秘解消や美肌のためになるものを選んでおけば、「食べてしまった…」という罪悪感を感じなくて済みます。

精神面でもゆったりと余裕が生まれるので、ダイエットに取り組む気持ちも維持できます。

たくさん食べても大丈夫な食材を使って、スープやおかゆを作るのも満腹感が得られておすすめです。

ゴボウなどの根菜類やわかめなどの海藻類は食物繊維、ショウガは代謝アップ、ササミなら高タンパク低カロリーと覚えておけば買い物も献立も迷いません。

寝る前の空腹は辛いので、お腹が空く前に寝てしまうのが一番です。

ダイエット中は、とにかく地味メシです。質素な和食を心がけます。

オススメは、玄米ご飯に、味噌汁、付け合わせの野菜に、肉か卵料理にしています。

ダイエット中は、タンパク質を多く摂るようにするのがオススメです。

肉、卵、豆腐をなるべく素材そのままに、料理するのがオススメです。

卵焼き、焼いただけの肉、味噌汁に入れた豆腐がなどは、
簡単ですし、よく食べています。

他に、梅干し、韓国のり、などの微量ミネラルは、
代謝を上げるそうです。

間食は、生姜入り紅茶をよく飲みます。体温が上がるだけで、
代謝が上がり、ダイエットにつながります。

良質なオイルの摂取も必要です。アーモンドなどのナッツ類が
良いようです。カシューナッツ、マカダミアナッツも同じ効果が
あるそうです。

無塩のナッツにしないと、塩分過多になり、体に良くない
影響が出ますので、気をつけましょう。

食事がバランス良く摂れていて、食事を取る時間さえ、
間違えなければ、だいたい2~3キロは、苦労することなく
落とせると思います。

食べ合わせは、ダイエットには、欠かせないというのが
持論です。

16歳のころ、とにかく何も気にせず好きなものばかり食べていたら…

気がつけばぽっちゃりになっていましたΣ( ̄ロ ̄lll)

これではいかん!と焦って始めたのが、食事を工夫すること。
(運動が嫌いだったので…)

高校にも行っていたし、バイトにも行っていたので、
まったく食べないと体が動かなくて困るから、
「野菜ばっかり食べてお腹を膨らます」作戦を実行したんです。

好きだったのは、

・キャベツ、たまねぎ、ウインナーを炒めてカツオ節&お好みソースをかける
・ノンオイルのツナと茹でたブロッコリーをぺペロンチーノ風に和える
・コーン、レンコンの水煮、たまねぎ、ウインナーを炒め少量のシュレッドチーズをのせて焼く

どれも、野菜を大きめに切る、塩コショウなどパンチのある調味料を駆使するなどの工夫で食べ応えと満足感をさらにアップ!

味が単調になって飽きないよう、いろいろな味付けも変えて試しました。

それを続けて、半年後にはなんと8キロ減を達成!

身長158センチ・体重47キロと理想的なすらりボディを手に入れたんです♪

それから野菜の美味しさに目覚めたのもあって、無理しないで野菜をたっぷり
食べられる食生活に変わりました。

今も体型はずっと我慢しないでキープできてますヾ(*・ω・)ノ゜+.゜★ィェィ☆゜+.゜ヾ(・ω・*)ノ

野菜食にちょっとずつ変えていくのは、継続できるダイエット食として超おすすめ!

私がダイエットのために工夫したことは、肉料理や魚料理を全くしないということはしなかったことです。

これらを全部断ってしまうと、リバウンドで太りやすくなってしまうし、栄養不足になってしまうこともあるからです。

ではどうしたのかというと、料理の材料の半分をヘルシーなものに置き換えたのです。

たとえばハンバーグは豆腐ハンバーグにしたり、コロッケはサトイモにしたりなど、肉や魚を野菜などに置き換えて料理しました。

ステーキなども、半分はこんにゃくステーキにしたりなど、色々と工夫をしてみました。
また、デザート類に関してもプリンなどのカロリーの高いものはやめて、寒天ゼリーなどに置き換えました。

これらをやれば、その料理を食べられないというストレスから解放されるので、楽々と続けることが出来ました。

栄養面でも、計算して作っているのでとてもヘルシーな食生活です。

目標の体重を達成してからも、健康と美容のためにこの置き換え料理は続けています。

私は太りやすい体質なので、食事にはとくに気をつけています。

さまざまなダイエットを試してきましたが、はやり食事から見直すダイエットが一番効果的だと思います。

毎日食べる食材から、調理方法までをしっかり管理し、なるべく外食を行なわないことが大切だと感じます。

私がお勧めするダイエット食事レシピは、毎日無理なく作れる料理です。

例えば、最近よく作っているのがキャベツカレーです。

このカレーは、ごはんを使いませんので、とてもカロリーを抑えることができ、キャベツの歯ごたえで満腹中枢を刺激できるダイエットレシピです。

キャベツは千切りにし、食べやすいサイズにカットして、カレーをかけるだけの簡単レシピです。

こういった料理を続けていくコツは、簡単に作ることができ、栄養のバランスもしっかり確保して、なにより美味しく食べれるものということが大切なのです。

あまりカロリーを気にすることはよくありません。無理をしないこともダイエットレシピでは大切なのです。

はやくやせたい!でもおいしく食べたい。

そんな時は、とにかくお料理より、食器に重きをおいています。
大好きなお皿に、お鉢に、少しだけ盛り付けます。
お皿もお鉢も、とてもたくさん使います。
薬味なんかも、上に乗せずに小皿に。

洗い物の時に、こんだけは食べたのねって思えるように。
我ながら、涙ぐましい努力だと思います。
でも案外、満足度あるんです。

メニューとしては、お決まりの、こんにゃくをよく使います。
糸こんにゃくをゆがいて、めんたいこで和えたり、
もやしやピーマン、しいたけ、玉ねぎ、余り物のお野菜と、
少しのミンチで炒めたり。

ごはんが大好きなので、少しの量で食べ応えあるように見える、
細巻き寿司なんかもよく作ります。
お漬け物と一緒に巻いたり、納豆巻きにしたり、
お財布がほくほくの時は、鉄火巻きにしたり。

甘いものは、黒蜜をたくさん作っておいて、
みつ豆にしたり(クリームあん蜜にしたいところですが、我慢です)
かき氷にしたり(こちらも、練乳我慢です)します。

そろそろ、またそういう時期です。
夏までに、なんとかしなくっちゃ。
まずは、朝のパンを1枚から、耳をとってカロリーオフ。

こうやって、今晩を許すことから、えいつものはじまり。

ダイエットにおいて、早く数字に変動が現れて欲しいと考えていたことと運動が苦手だったので私は食事を大きく変えました。

私のダイエットに成功した朝昼晩の食事メニューはとてもシンプルです。

朝はバナナやリンゴ等のフルーツ類にしました。

以前まではしっかり朝食を食べていたのですが、正直食べ過ぎていたくらいだったので軽くフルーツを食べるくらいがちょうど良かったです。

ただ、冬場は体が温まらないので冬場のみコーンスープ等のみの朝食にしたりと季節で臨機応変にしていました。

昼は職場におにぎり1個のみを持参していきました。

以前まではお弁当だったのですが、おにぎり1個のみを持っていく事で他に食べることが出来なかったので我慢が出来ました。

幸いな事に、職場には食堂や売店もなかったですし職場の近くにもコンビニが無かったので結構慣れはじめるとおにぎり1個で耐えれました。

それでも、毎週おにぎり1個だとストレスが溜まるので2週間に1回だけ昼食を外食にしたりも試みました。

夜に関しては実家暮らしな私にとって食事を減らすということが出来なかったので、とった方法がプレート皿での食事です。

100均とかでも売っているのでプレート皿を購入し、食べる量だけをお皿に入れてお代りをしないという戦略をしました。また炭水化物であるご飯も食べないというルールを自分の中で決めました。

こんな感じの朝昼晩の食事で10キロ減のダイエットに成功しました。

正直我慢ばかりではダメなので、週に1度や月に1度だけ自分の好きな物を食べていい日を作ると今週を乗り切れば明日はアレが食べれるぞ!っとやる気にも?がるのでオススメです。